リーダーの最重要な仕事!メンバー構成の選考基準を徹底解説

この記事は2分で読めます

ダウンロード (12)

「リーダーの資質」とは何でしょか?

それは最初から備わった才能ではなくて、

チームで仕事する上の「役割」にすぎません。

「リーダーの自分は偉い!」と考えるのズレています。

リーダーの役割をやるために、

様々な障害や問題が生じる可能性もあります。

具体的にいえば、

「メンバー選考」と「依頼の仕方」

が重要になります。

そこで、この2点をスムーズに進めるためのコツをチェックしてみましょう。

 

4番バッターだけ集めな

仕事は、チームをつくるのがスタートラインです。

あなたがリーダーならば、

実力者だけを集める「ドリームチーム」

をつくりたいと考えてしまうのも無理もないです。

実績あるメンバー構成のチームのほうが、

結果が早く出ると思うのは仕方がないです。

ただし、近い将来、崩壊するでしょう。

何事もバランスが大切なのです。

しかし、そこで注意すべきことがあると著者はいうのです。

チームが活性化するには、

バランスのとれたメンバー構成にしなければならない。

全員が4番バッターやエースばかり

を集めると最悪な結果になりやすいです。

 

エースだけの人員構成は危険

過去の経験や実績があるほど、

人は自分のやり方だけにこだわりやすいです。

このような人材は、自己顕示欲が強すぎます。

他人を支援したり相談にのることはしないです。

自己主張ばかりで相手の意見を聞かない!

また、重い不満を抱いたまま

仕事を続けるのは日常茶飯事かもしれません。

でも、イライラした状態が続いてしまうと、

チーム崩壊という最悪の結末になるかもしれません。

チーム編成をするときには、

「先頭に立って引っぱる人」

「専門分野で活躍する人」

「冷静に全体を見渡す人」など、

各々の能力を有する人材を集めるのが重要です。

 

反対意見も大切

異分子を招き入れて評価する

チーム内で反対意見が出ると、熱い議論が始まりやすいです。

重要なのは、議論すると、新しい価値観が生まれやすいです。

正論を述べると、どうしても異論が生まれます。

プラスとマイナスの正反あるからこそ、意見交換が濃密になります。

議論はケンカではありません。

この「正」と「反」をくらべ、

合意された「結論」を出すことが「議論」です。

チーム全体がより高いレベルになれるのが楽しみです。

こうして新しい価値をチームでつくり上げる醍醐味が期待できます。

つまり、異なる意見を持っているメンバー(異分子)をチームに迎え入れましょう、

リーダーの役割の1つは、常に「意見」を持つ人を探し招き入れます。

そのようなリーダーが実力者です。

反対意見を喋る人はクレーマーではありません。

実は、億万長者にしてくれる伝道者かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images (15)
  2. ダウンロード (6)
  3. ダウンロード (1)
  4. images (7)
  1. こんにちは
    なにごとも、バランスが重要なんですね
    適材適所、たいせつですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング応援に感謝

▼▼▼クリックはコチラ▼▼▼

社長ブログ ブログランキングへ

LINE@だけの限定情報



LINEで以下のネットビジネス講座をすべて無料で配布中です

●インターネットビジネススキルチェックシート
●頭を使わずに10万円を稼ぐ方法
●マインドセット講座
●心理学講座
●キャッチコピー基礎講座
●稼げるノウハウ集講座

▼LINEはコチラ▼
「@yxo8702m」で検索して下さい^^
必ず「@」を付けて検索してくださいね!


パソコンの方はコチラから
↓ ↓ ↓
友だち追加

▼限定メルマガの登録はコチラ

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

億万長者のネットビジネス成功法則・心理学・投資


海外在住や世界放浪の後に起業!金融プラットフォーム運営、輸入輸出、通販、占い事業等を展開しながらコンサルをしています。成功思考やビジネス最新情報を届けます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る